剛力彩芽ちゃんのテレビドラマ、DVDの「レンタルの恋」

最近余り見かけなくなったが相変わらずの剛力彩芽ちゃんのファンです。 先日、夜勤明けで家へ帰って一杯飲みながら先般借りていたDVDをみました。 元より、コマーシャルでもお馴染みの私の大好きな「剛力彩芽」ちゃんが主演をしていることもあり、ドラマそのものは30分単位という短さはありましたが、あっという間の面白いドラマでした。

深夜ドラマなのに最高に面白い

「レンタルの恋」というテレビドラマは、たしか2017年の1月ころからTBS系で水曜日のしかも時間帯が深夜という帯番組の0時10分から 0時40分で(実質的には木曜日になる)放送されたもので、その他の放送の枠内での「テッペン」とか、「水ドラ」放送されていたものでもあったらしいのです。

「あらすじ」としては、主人公の高杉レミ(剛力彩芽)は、仮にでもいいから恋人の欲しい男性に対して、恋人をレンタルする「レンタル・ラバーズ」という小さな特殊な会社の社員として活躍しています。 会社の基本的な決まりや契約前の事前に設定された時間や規則さえ守れば、どんな希望や願いも拒否や否定をせず、利用してくれるお客からの要求を出来るだけ完全の遂行してみせるのが高杉レミであった。
そんな高杉レミといえば社内のレンタルラバーズの社員の中でも圧倒的に人気を誇り、お客の希望を一番に獲得している女性でもあったのです。 ところが、彼女は何故か首に不思議な包帯を巻いているだけではなく、デート中はコスプレ姿で懸命にお相手するが、其の利用者とのデート時間が終了すると笑顔をたちまち封印してしまうという不思議な一面を持っているのでした。
そして遂に、ナンバーワンの人気のレンタル彼女つまり高杉レミが、とある男子大学生と契約上の仕事としてのデートをする事になるのですが、さて・・・。

ドラマのストーリーは主役の「剛力彩芽」さん演じる高杉レミが若い男たちの理想的なレンタル彼女となって、今売り出し中の人気の男優である「太賀」氏が演じる山田公介との「レンタルの恋」が始まるというのです。 チョット考えると以外で奇抜な物語が話題となっているどです。
そして、高杉レミは仕事上でレンタル彼女を演じている時の話や仕草、様子と、今度は仕事が終わって、所謂、普段の中での全く普通の彼女とのギャップが全く異なるので、其のキャラクターの変化が実に面白いのです。

つまり、端的に云うと指名された男とデートをしている彼女とデートが完了した時の後のギャップが何とも楽しみになるのです。 そして、主人公の剛力彩芽が好きな我々は此のキャラの変化に改めて嵌りそうなドラマどもあり、深夜番組だけに彼女のチョッピリしたお色気も、イッパイ呑みながら鑑賞するには、お酒がホンノリと美味しくなるようなドラマでもあり、ストーリーの展開なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました