香港ラブストーリー映画「ラヴソング」

この映画は、監督のピーター・チャンが香港電影金像奨の最優秀監督賞、マギー・チャンが最優秀主演女優賞、エリック・ツァンが最優秀助演男優賞、映画自体も

最優秀作品賞に選ばれている1997年の香港映画です。

監督のピーター・チャンは、香港ラブストーリーの名匠といわれ、本作品の前に「君さえいれば/金枝玉葉」、「ボクらはいつも恋してる! 金枝玉葉2」などの陽気なラブストーリー映画を製作しています。エリック・ツァンは、この映画のあとに製作された「インファナル・アフェア」でも裏社会のボスを演じていますが、この映画のボスの方が人間味があります。

この映画は、一組の男女の10年に及ぶ恋の物語です。

互いに違う相手と一旦結ばれるものの、運命の糸は2人をたぐりよせます。シウクワン(レオン・ライ)とレイキウ(マギー・チャン)関係は、完全に女性リードです。
婚約者を残して中国大陸から香港に渡ってきた純朴で甘えん坊な青年シウクワンの役にレオン・ライがよくはまっています。この映画のマギー・チャン演じる主人公レイキウは、とにかくタフでたくましい女性です。こんなに強く生きられなければいい恋もできないのかもと感じさせられます。婚約者のいるシウクワンと距離を置くことを決めたレイキウの心の隙間を埋めるパウをエリック・ツァンがはまり役で演じています。レイキウは、シウクワンの代用ではなくパウのことも愛していたということも映画を見ていて分かります。

こういうタイプの女性は映画の中だけでなく、このように年の離れた男性か甘えん坊タイプの年下男性が合うので、ふむふむ、納得納得という感じでした。パウがアメリカのスラム街で殺されて亡くなった時に涙を流すマギー・チャンの演技が見事で、「欲望の翼」などのきれいなだけの女性とはイメージが違っていて、好感を持ちました。

また、この映画では、返還直前の香港の様子がよくわかります。中国大陸の北京語と香港の広東語は全然違っていて、中国人も勉強しなければ分からないということ、香港では英語ができると割のいい仕事に就けること、香港の人はあまりテレサ・テンを聴かないこともこの映画で知りました。
この映画の中には、テレサ・テンの楽曲があらゆるところに散りばめられています。「長崎は今日も雨だった」の北京語バージョンもこの映画で初めて聴き、せつなくていいなと思いました。

優柔不断なシウクワンに離婚を切り出された元妻のその後は映画の中で触れられていませんが、相当な人間不信になっただろうと余計なことまで考えてしまいました。
また、軽い気持ちで始めた男女関係が、人間なので次第に割り切れなくなり、いつしか本気になっえしまって苦悩するストーリーも実際によくあることです。
最後はハッピーエンドではありますが、長い年月かかっていますし、他人を巻き込んで傷つけていますし、遊びの恋はタフで大人な人しかできないので、自分の度量を考えてしないといけないと考えさせられました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました