恋愛ミュージカル映画 「ラ・ラ・ランド」 大通をみろ!!

16年に公開されたアメリカの映画・「ラ・ラ・ランド」は、日本国内では一昨年の2017年に公開された映画で、代表的な音楽ミュージカル映画でもあります。 俳優志望とピアニストの恋愛模様を描いている作品であり、この映画の題名となったのはのは、 即ち、La La Landで「カリフォルニア州のロサンゼルス」と「現実離れした世界」、そして「おとぎの国」という意味になるそうです。

美しい映像と楽しい音楽

、そして一寸センチな恋愛と軽快で多彩な人間模様が一層、ストーリーを盛り上げげますが、ミュージカルファンには堪らない映画となっています。

物語は、女優志願の卵のミア(エマ・ストーン)とジャズ界でもチョットは知られているリーダーのピアニストのセバスチャン(ライアン・ゴズリング)が、偶然の何度かの出会いを経ながらお互いの夢を語り合う内に次第に心が通じ合い、そして、やがては二人は恋に落ちてゆくのである。 映像は華やかな歌と踊りの美しいハーモニーーの中で二人の心は、やがては・・・。

映画賞を総なめ

公開当初から評判がぐんぐん良くなって、多くの映画賞もノミネートされていて、ヴェネツィア国際映画祭、アカデミー賞、ゴールデングローブ賞の各部門の賞を獲得しているし、英国のBBCは、公開の年の2016年の映画評判ランキン語では、ベスト10での本作が第1位を獲得しています。

又、著名人からの多くの声も届いていて、ある有名俳優は「どうやったらこんなふうな脚本を書けるのか不思議だ、其の巧みさに先ず打ちのめされて、思わず泣いてしまいました。 人の生き様の美しさと真反対の失望感をきちんと描いていて、突き詰めて考えるとこの映画は本当に大人の恋愛ミュージカルだと思います」

受賞に関しては、此れまでのアカデミー賞の中でもで最多のノミネーションを勝ち取ったことでもいえることですが、「ラ・ラ・ランド」の本当の魅力を一言で表せば、現代人の「L.A」、即ち、夢に向かって命を削っている多くの若者の切なさが、チョット狂想的なジャズのメロディとダンスの中に細かいところまで散りばめられていること。

従って、物語やストーリーというのは有るような無いような曖昧な展開になっているが、実は人生は素敵で諦めるものではないことと、もう諦めるっきゃないことが此の映画の世界だけの魔法のような手法で視覚化してくれているのである。 こんなにも説得力がある「タラ、レバ」の映画も珍ずらしく、こうなると視聴者だって受け容れたい感じるになるのは必然でも有るのです。

特に、ミュージカルファンは勿論、歌やダンスの興味の有る方や、ジャズ系の音楽ファンには堪らない映画で、ジャズのピアのソロやバンドの演奏シーンも豊富であり、又、ボーカルも少々奥にこもったレトロ感のあふれる処理がされていて、そうした細やかな音楽作りにも新しい部分と懐古的な要素をコラボした工夫が凝らされているので、此れは必見物の映画と言っていいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました