【2022年】本当におすすめできるオフィスチェア15選!

オフィスチェア
価格 44,800円 193,404円 84,590円
大きさ 大きめ 普通 普通
ブランド Natural Edge オカムラ オカムラ
キャンペーン クーポンコードで
5,000円引き
※2/28まで
詳細

企業に必須なオフィスチェア。最近ではテレワークなどの影響により、自宅でオフィスチェアを使う人も増えています。

仕事の効率を上げる上でも、オフィスに置く椅子は重要な備品の1つと言えます。

しかし、一言にオフィスチェアチェアといってもいろんな種類があり、適当に買うと粗悪品をつかまされ、失敗することも結構あります。

そこで今回は実際に使ってみてわかった、コスパ最強のオフィスチェアをランキング形式でまとめました。

この記事でわかること
  • 会社で使えるオフィスチェアをお得に一括購入したい
  • 在宅で使えるオフィスチェアを購入したい
  • オフィスチェア選びで失敗したくない
  • コスパの良いオフィスチェアを購入したい

オフィスチェアとゲーミングチェアどちらを選ぶ方が利口?

オフィスチェアを買う際に必ず迷うと言っても過言ではないのが、このオフィスチェアかゲーミングチェアかという問題。

これは個人で購入するか、法人で購入するかによっても異なります。

それぞれ見ていきましょう。

個人で使う場合

個人で使う場合はゲーミングチェアを圧倒的におすすめします。

なぜならば、ゲーミングチェアの方がコスパが良いからです。

オフィスチェアはいうなれば法人用に開発された椅子で、比較的値段が張るものが多いです。

ハイエンドのものになると、同じような機能のものでも、オフィスチェアの方が値段にして1~2万円くらい高い印象です。

法人で使う場合

法人で使う場合は来客があるかどうかによっても変わってきます。

オフィスチェアよりもゲーミングチェアの方がコスパは良いのですが、どうしてもデザイン面でゲーミングチェアだと外から来たお客さんに見られるのはちょっと。。。と思うこともあるでしょう。

ゲーミングチェアは比較的派手な見た目をしているので、ベンチャー企業や来客が少ない企業、もしくは来客の年齢が若く、ゲーミングチェアに抵抗がないような先進的な会社しか入れていない印象です。

しかし、以下で紹介しているゲーミングチェアはデザインも落ち着いているので、法人からの注文が殺到している商品です。

まとめて買うと会社割引も適応される、法人に優しいゲーミングチェアブランドも紹介しているので、参考までにご覧ください。

リクライニングが前に倒れる方がいいのであれば。。。

オフィスチェアとゲーミングチェアの違いとして、座面が前に倒れるか否かという違いがあります。

8万円~のハイエンドオフィスチェアは前方向に座面が倒れるモデルが多く、前傾姿勢でデスクに向かうことができます。

その反面、ゲーミングチェアは前に座面が倒れるモデルはほとんどありません。

座面を前に倒したいのであれば、オフィスチェアを選びましょう。

失敗しないオフィスチェアの選び方

20脚以上のオフィスチェアを試してきた私が、失敗しないオフィスチェアの選び方を解説します。

値段が安すぎないものを選ぶ

Amazonなどを見てみると、オフィスチェアの相場は1~2万円程度のものがほとんどです。

しかし、これはオフィスチェア業界で言うとかなり安い方で、最低限の作りのものが多い印象です。

最低限の機能、最低限の座り心地、最低限のサービスを求めるのであれば、低価格帯のオフィスチェアでもいいと思いますが、買って後悔しないものが欲しいとなるとおすすめできません。

値段で言うと4万円~くらいのオフィスチェアがおすすめです。

4万円~のオフィスチェアは作りがしっかりしていて、長時間座っていても疲れないですし、モノが良いので長持ちします。

さらに、低価格帯のオフィスチェアは画像では判断できないような部分に問題があるケースが多いです。サイズが思ったよりも小さい、素材が悪いなどが挙げられます。

Amazonにあるオフィスチェアは基本的におすすめできない

上の見出しでAmazonのオフィスチェアは安いという話をしましたが、確かにAmazonでも評価の高いオフィスチェアが多いです。

しかし、この評価は「この値段にしては良い」という評価のものが多い印象です。

もちろん、Amazonの中にも本当にいいオフィスチェアはありますが、原価から考えても4万円以上のオフィスチェアに1万円程度のオフィスチェアがかなうことはまずないでしょう。

私もAmazonで1万円くらいのオフィスチェアを買ったことが何度もありますが、長時間座るには物足りないものが多かったです。

仕事の質を上げる上でもオフィスチェアにはお金をかけた方が利口と言えます。

また、Amazonで販売されている商品の多くは中国人が運営しているメーカーの可能性もあり、Amazonの評価も操作されていることは有名な話です。

Amazonだから信頼できる。というわけでもないんですね。

ブランド(メーカー)で選ぶ

オフィスチェアにはたくさんのブランドがあります。

結構高価ですが、ゲーミングチェアに比べてオフィスチェアは国内ブランドも豊富にあります。

以下ではおすすめのオフィスチェア、ゲーミングチェアの国内ブランドをまとめています。

Natural Edge(ナチュラルエッジ)

Natural Edgeは日本で創業されたメーカーで、まだまだ認知度が低い知る人ぞ知るゲーミングチェアブランドです。

認知度が低い=広告費をかけていないブランドであり、広告費の分が商品の品質に還元されている素晴らしいブランドです。

価格帯は4万円程度ですが、品質はどのゲーミングチェアブランドにも負けないポテンシャルがあります。

本社も日本にあるので、商品に問題があった際のサポートも手厚いブランドです。

たくさんの日本企業からもオフィスチェアとして注文が殺到しているブランドなので、オフィスチェアとしても大変優秀です。

オカムラ

オカムラは1945年に創業された神奈川県にある老舗企業です。

オフィスチェアのシリーズも多く展開されており、モデルによって様々な工夫がされているので、自分に合ったオフィスチェアが見つかるでしょう。

価格帯も幅広くありますが、ハイエンドモデルだと20万円を超えるものも。

一般的に人気のシリーズが8万円くらいの価格帯なので、お世辞にも安いとは言えませんが、昔から愛される椅子を作り続けています。

イトーキ

イトーキは1890年に創業された東京都にある老舗企業です。

スタイリッシュなデザインが特徴的で、座った人の重さに和せてたわむ椅子をイトーキは開発しました。

機能面も考慮して作ってあるので、流石老舗企業と言ったところです。

価格帯は4万円程度と求めやすい価格。最近ではシンプルなゲーミングチェアも作っているので時代の流れにも敏感なブランドです。

本当におすすめできるオフィスチェア15選

1位:Natural Edge ハイエンドゲーミングチェア

Natural Edge ゲーミングチェアのデータ

筆者の満足度 7.0/5点
実際に使った人の満足度 5.0/5点
メーカー Natural Edge
価格 44,800円
素材 PUレザー、ポリウレタン
大きさ 普通~大きめ

オフィスチェアとしてとても優秀なのがこのNatural Edgeのゲーミングチェア。

2022年に販売が開始された最新のゲーミングチェアです。

どっしりとした大きなフォルムで、フィット感が強い座り心地。

仕事で1日10時間以上座り、腰痛持ちの私にもピッタリの素晴らしい商品でした。

価格もハイエンド商品にしては相場と同じくらいの金額なので、コスパも良い商品です。

デザインも落ち着いているので、オフィスチェアとしても大変優秀です。

法人で一括購入する場合は法人割引があるようです。法人にも優しいメーカーですね。

Amazonでも売られておらず、知る人ぞ知るゲーミングチェアですが、最新のゲーミングチェアで在庫があっという間に売り切れてしまう可能性もあるので、在庫があるうちに買っておくことをおすすめします。

在庫が切れるまで送料無料キャンペーン+4/15まで有効な5,000円割引のクーポンがあります!!

クーポンコード:2Q3FSXVQ7KC7

※クーポンコードをカートに入れた後に入力してください。

\4/15限定クーポンあり!/

2位:オカムラ コンテッサ セコンダ オフィスチェア

オカムラ コンテッサ セコンダ オフィスチェアのデータ

筆者の満足度 5.0/5点
実際に使った人の満足度 5.0/5点
メーカー オカムラ
価格 193,404円
素材 合金鋼
大きさ 普通

オフィスチェアとしても最高峰であるオカムラのコンテッサ セコンダ オフィスチェア。

この椅子の特徴は何と言っても姿勢を崩さずにリクライニングを調整できること。

普通の椅子にはないリクライニングの調整機能で、どんな姿勢にもピッタリ合います。

だた、高額な割に作りが華奢で大柄な男性向けではないような印象。

\最高峰のオフィスチェア!/

3位:オカムラ シルフィ― ローバックオフィスチェア

オカムラ シルフィ― ローバックオフィスチェアのデータ

筆者の満足度 4.5/5点
実際に使った人の満足度 4.5/5点
メーカー オカムラ
価格 84,590円
素材 ガラス繊維強化ポリアミド
大きさ 普通

オカムラのこれぞオフィスチェア!といったシンプルでハイエンドなオフィスチェア。

見た目はシンプルですが、しっかりとした作りで座っていても疲れにくいオフィスチェア。

いろんな企業がこのオフィスチェアを導入しています。

少し小さめのデザインで女性にもピッタリです。

4位:Razer Iskur XL ゲーミングチェア

Razer Iskur XL ゲーミングチェアのデータ

筆者の満足度 4.0/5点
実際に使った人の満足度 4.0/5点
メーカー Razer
価格 82,280円
素材 多層合成レザー
大きさ かなり大きめ

Razer IskurはゲームメーカーのRazerのゲーミングチェアで、とても信頼できるブランドです。

Razerはマウスやヘッドセットなども有名なので、ゲームをする人の中には知っている人も多いブランドです。

このXLゲーミングチェアは身長が高い人向けのゲーミングチェアで、180~208cmの人に合ったゲーミングチェアになっています。

普通の日本人にはかなり大きいと感じるデザインですが、安いゲーミングチェアは小さいものが多いので、大きめのゲーミングチェアを探している人にはおすすめできる商品です。

5位:WINcase オフィスチェア

WINcase オフィスチェアのデータ

筆者の満足度 4.0/5点
実際に使った人の満足度 4.0/5点
メーカー WINcase
価格 115,500円
素材 ナイロンファイバー
大きさ 普通

意外と背中にフィット感があるWINcase オフィスチェア。

リクライニングはフリーとロックが切り替えられて作業がはかどります。

アームレストの角度調整も結構快適で、ゲーミングチェアとしてもおすすめの一品。

値段が少々張りますが、購入して間違いない商品かと思います。

6位:イトーキ アクトハイバックオフィスチェア

イトーキ アクトハイバックオフィスチェアのデータ

筆者の満足度 4.0/5点
実際に使った人の満足度 4.0/5点
メーカー イトーキ
価格 70,226円
素材 樹脂
大きさ 小さめ~普通

イトーキでおすすめのアクトハイバックオフィスチェア。

このオフィスチェアの特徴は自由に動くアームレスト。

普通のオフィスチェアであれば、アームレストは前後左右に動くのが一般的です。

こちらのイトーキのオフィスチェアは前後左右+横にも稼働し、可動範囲が広いです。

包み込むような背もたれも特徴的で、長時間座っていても疲れにくい設計になっています。

7位:DXRacer (ディーエックスレーサー) スタンダード ゲーミングチェア

DXRacer (ディーエックスレーサー) スタンダード ゲーミングチェアのデータ

筆者の満足度 3.5/5点
実際に使った人の満足度 4.0/5点
メーカー DXRacer
価格 39,800円
素材 PUレザー
大きさ 小さめ~普通

DXRacerの一番スタンダードなモデルで、コスパもいい商品です。

Amazonでの評価も良くハズレのない印象で、最初に購入するには向いているゲーミングチェアと言えるでしょう。

こちらも日本人に合ったサイズ感で大きさは普通~小さめです。

DXRacerのゲーミングチェアはアジア人に合ったサイズ感が多い印象です。

8位:Bauhutte(バウヒュッテ) ゲーミングソファチェア

Bauhutte(バウヒュッテ) ゲーミングソファチェアのデータ

筆者の満足度 4.0/5点
実際に使った人の満足度 3.5/5点
メーカー Bauhutte
価格 38,000円
素材
大きさ 普通

Bauhutteは日本のブランドで、しっかりと商品を作っている印象です。

普通のゲーミングチェアであれば、素材にウレタンやPUレザーを使うことがメジャーですが、Bauhutteのゲーミングチェアはを使い、ソファのような質感を実現しています。

デザインも普通のゲーミングチェアのようなデザインではなく、自宅のインテリアにも合いやすいデザインです。

9位:Contieaks(コンティークス) ゲーミングチェア

Contieaks(コンティークス) ゲーミングチェアのデータ

筆者の満足度 3.5/5点
実際に使った人の満足度 3.5/5点
メーカー Contieaks
価格 39,798円
素材
大きさ 普通~大きめ

Contieaksは日本の家具メーカーで、2020年1月よりゲーミングチェアを販売しています。

Bauhutteと同じく布を素材として使っているメーカーで、特徴的なデザインをしています。

普通のゲーミングチェアにはヘッドレストとランバーサポートがついていますが、このゲーミングチェアには付いていません。

個人的にヘッドレストとランバーサポートは要らないと思っているので、元々ないのは逆に選択肢を狭めてくれてありがたいです。

日本人に合ったゲーミングチェアになっているので、一度試してみてもいいと思います。

10位:Razer Iskur ゲーミングチェア

Razer Iskur ゲーミングチェアのデータ

筆者の満足度 3.0/5点
実際に使った人の満足度 3.5/5点
メーカー Razer
価格 65,780円
素材 多層合成レザー
大きさ 普通~大きめ

特徴的なデザインをしていて、背もたれの部分が湾曲しています。

フィット感が増しており、長時間座っていても疲れないデザイン。

値段が高いこともあり、日本のメーカーではありませんが、日本の代理店より保証が付いています。

この保証は結構大事で、ゲーミングチェアは想定外の壊れ方をすることがあります。

保証が付いていたとしても海外のメーカーだと、柔軟に対応してくれないこともあるので、日本の問い合わせ先があるのはかなりメリットが大きいです。

11位:オカムラ ストライカー EX ゲーミングチェア

オカムラ ストライカー EX ゲーミングチェアのデータ

筆者の満足度 3.0/5点
実際に使った人の満足度 3.0/5点
メーカー オカムラ
価格 83,800円
素材 ウレタン
大きさ 普通

オカムラ製作所は神奈川県にある会社のメーカーです。

特徴的なデザインをしているこのゲーミングチェア。クッション性は低めで固めな素材。

日本のメーカーということもあり、サポートは万全です。

ただ、価格が結構高めなのでこの順位となっています。

12位:イトーキ ゲーミングチェア

イトーキ ゲーミングチェアのデータ

筆者の満足度 2.5/5点
実際に使った人の満足度 3.0/5点
メーカー イトーキ
価格 42,900円
素材 エラストマー
大きさ 普通

ゲーミングチェアというよりもオフィスチェアに近いデザインで、万人受けするゲーミングチェアです。

素材はエラストマーという樹脂を使用していて、しっとりとしたフィット感があります。

夏でもひんやりするので、蒸れることが少ない商品です。

13位:noblechairs ゲーミングチェア

noblechairs ゲーミングチェアのデータ

筆者の満足度 2.5/5点
実際に使った人の満足度 3.0/5点
メーカー noblechairs
価格 84,000円
素材 フェイクレザー
大きさ 普通

noblechairsはドイツのゲーミングチェアブランドです。

素材にフェイクレザーが使われているゲーミングチェアで、フェイクレザーとは簡単に言えば偽物のレザーです。

高価な商品にはまず使われない素材ですが、noblechairsの商品には使われています。

座り心地はいいのですが、素材と価格でこの順位となっています。

14位:IntimaTe WM Heart ゲーミングチェア

IntimaTe WM Heart ゲーミングチェアのデータ

筆者の満足度 2.0/5点
実際に使った人の満足度 3.0/5点
メーカー IntimaTe WM Heart
価格 12,880円
素材 PUレザー
大きさ 小さめ

価格の安さを重視しているIntimaTe WM Heartのゲーミングチェア。

なんと12,800円というかなり低価格のゲーミングチェアとなっていて、ゲーミングチェアとして最低限の機能だけある商品です。

いうまでもなく中華製のブランドですが、Amazonでの評価も高い商品です。

Amazonの評価には英語が多く、英語圏でも販売されている商品のようです。

とにかく値段を重視してゲーミングチェアを購入する人にはおすすめですが、このくらいの値段のなんちゃってゲーミングチェアを買うくらいなら、あと1万円だして普通のゲーミングチェアを買う方が個人的にはおすすめです。

15位:GTRacing ゲーミングチェア

GTRacing ゲーミングチェアのデータ

筆者の満足度 1.0/5点
実際に使った人の満足度 3.0/5点
メーカー GTRacing
価格 17,800円
素材 PUレザー
大きさ 小さい

GTRacingは中華製のブランドで、このゲーミングチェアは私も買いました。

Amazon choiceにも選ばれているゲーミングチェアですが、個人的にはあまりおすすめできません。

というのも、こちらの商品、私が買った際には初期不良でそれに気づいたのは購入して半年後のことでした。

半年も経ってしまうとAmazonの返品はできず、1年保証が付いていたので、メーカーに問い合わせしてみると、そのあと音沙汰なし。。。

商品も小さめで、私の体形(180cm)だと完全に頭のヘッドサポートが首のところにきてしまう。。。

値段も安かったので仕方ないですが、Amazon choiceに選ばれるほどの商品ではないと個人的には思いました。

まとめ

今回は実際に購入したオフィスチェアや購入者の意見をとりいれながら、様々なオフィスチェアを紹介しました。

オフィスチェアは普通の椅子に比べると高単価です。

ゲーミングチェアを選ぶとコスパ良く機能の良い椅子を手に入れることができます。

最近はデザインの落ち着いたゲーミングチェアもあるので、それらから選ぶと利口な選択ができます。

コスパ良くハイエンドな椅子が手に入るので、ゲーミングチェアを選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。